スカイライン・7th(セブンス)スカイラインから飛び出すものがあった。

7th(セブンス)スカイライン

日産スカイライン

日産スカイラインを知らない人は少ないと思うけど、今回は7番目のスカイラインのカタログです。

日本の自動車メーカーは過去にいくつかが消えている、その中にプリンス自動車が有ったんじゃ、このメーカーが元気だったころの記憶は無い、そんな昔の話じゃが、スカイラインプリンス自動車(当時は富士精密工業)が1957年(昭和32年)から製造、販売していた車なんじゃ。

プリンス自動車は1966年(昭和41年)に日産自動車と合併した。

名前は「山並みと青空を区切る稜線」に由来しておりスカイライン生みの親の桜井眞一郎氏が名付けた。

出典:ウィキペディア 初代スカイラインLSI型

初代スカイラインLSI型(1957年-1963年)がこれじゃ、これがあったら博物館クラスの珍しさじゃろう、古すぎて見たことが無いもんね。

エンジンは直列4気筒OHV・1,484ccのGA30型で、プリンス時代のエンジンの改良だが、60PSの出力が有り、競合するトヨタや日産の同クラス車を上回るものでカタログスペックでは当時の日本製1,500cc車最速の最高速度125km/hだった。

スカイラインで良く知っているのは・・

出典:ウィキペディア スカイライン2000GT-X

3代目で1968年 ~ 1972年まで生産された、通称『箱スカ』と呼ばれる水冷直列4気筒/6気筒エンジンを積むC10型 スカイライン2000GT-Xや・・

出典:ウィキペディア

5代目 C210型(1977年-1981年)で通称『ジャパン』と呼ばれる車種あたりがわかりやすい。

7番目のスカイライン

7番目はその名の通りに7th(セブンス)スカイラインと呼ばれたR31型じゃ。

出典:日産自動車 7th スカイラインのCM

スカイラインはフルチェンジするたびに大きくなった、6代目がスポーツ路線を前面に出したのと対照的にトヨタのマークⅡあたりを意識した『ハイソカー』になったんじゃ。

写真は2000GT-Sツインカム24ターボ

ツインカム24と言うのは2000ccの6気筒で各シリンダーに4個のバルブがあって24というわけじゃ、元々はトヨタのセリカあたりで言い始めたがカッコ良く聞こえるので使ってる。

4代目のC110型、俗に言うケンとメリー(ケンメリ)からテールライトを丸4灯にしたがスカイラインの目印になったね。

出典:日産自動車 7th スカイラインのCM

丸4灯にするとスポーツムードが演出される、アメリカ車のスポーツカー、スティングレイあたりを意識したのかもしれない。

何が何でも丸4灯は受け継がれていった、特に夜は分かり易い。

JB丸型スカイラインテールランプ 【単体】 24V用

価格:7,344円
(2018/9/1 05:26時点)
感想(0件)

内装が一時期のハデハデな感じが消えてヨーロッパ車の様になった。

コクピットもシックな大人の感じで高級感もある。

ルーズクッションシート仕様、豪華です。

コクピットの色もスポーツ系は黒で、他にブルーがかったのもあった。

最強のツインカム24ターボ、売りは高速になると電動で起き上がるフロントスポイラー。

手動でも操作できた、高速だけでなく路面が悪い箇所で便利そう。

出典:日産自動車 7th スカイラインのCM

GTオートスポイラーって呼んでたんじゃ、世界初って言葉が好きだった。

プラズマってエンジンにペットネームを付けてたね、RB20DET 190馬力

同じDOHCと言ってもGT-Rのエンジンは別格です、この頃GT-Rは消えていた。

まだ直列6気筒の時代じゃ、このあと全長を短く出来るV-6の時代が来る。

ツインカムでなくてもターボを付ければ速くなったね。

1800ccになると可愛らしい、速くないけどちゃんと走ります。

足廻りにこだわってた、サスペンションの出来が悪くて直線だけ速い車は「直線番長」って卑下された。

ハイキャスってブルーバードでもあったね、この頃は他のメーカーも4輪操舵でコーナリングの向上を狙ってた。

後輪も少し方向を変えます、どんな構造なのかな。

シックな写真が多い、大人のクルマになっちゃったね。

装備の説明、フロントスポイラーが起きたり寝たりします。

リアスポイラーも凝った形状じゃ。

GT-S Rってスパルタンな限定車もあったね、車体色は濃紺、GT-Rはまだ出なかった。

大きくなったな~ パキパキの直線デザイン。

装備品の説明、あたりまえだけど、フルチェンジのたびに出来が良くなる。

装備の充実は凄い、至れり尽くせり。

お安くスカイラインが欲しいなら1800も有るよ。

女性が乗ったらおしゃれな赤いスカイライン。

パサージュってグレードもあったな~ 豪華さが無いとスポーツだけじゃ売れないのかな。

最近は7thスカイラインも見なくなった、時間の経つのが速い。

セダンが売れない時代になった、ワンボックスの広い快適さを知ったらセダンになかなか戻れません。

ディーゼルもあったね、アイドリングの音が大きいのがネックかな。

2ドアはより大きく見えてカッコ良いじゃん。乗ってみたい。

ステーションワゴンもあった、これほしいな。

セドリックのステーションワゴンはたまに見るけど、スカイラインは希少じゃ。

今回は7thスカイラインのカタログでした。

これを着てドライブとしゃれこむかな、愛車は日産です。

カミナリ ハコスカ スウェットスタジャン KMSWJ-100 旧車 KAMINARI エフ商会 メンズ

価格:13,824円
(2018/9/1 00:37時点)
感想(2件)

↓ジジイの励みになりますので、よろしければポチッと押してね。


にほんブログ村




スカイラインC10フォトブック 一冊まるごと、ハコスカ! (Geibun mook Nostalgic Hero Ser)

価格:2,000円
(2018/9/1 05:30時点)
感想(0件)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。