ウルトラマン・グビラ

ウルトラマン・グビラ

海の怪獣たち

ウルトラQウルトラマンのは沢山の怪獣が現れるが、海に住む怪獣は少ない。

覚えてるのをいくつか挙げると、まずはウルトラQに登場したボスタングがいる。

出典:円谷プロ TBS ボスタング

見た感じの通り大きなエイじゃ。しかしこいつは宇宙エイで地球侵略のためにキール星人が卵を送り込んで来た怪獣だった。

その話を綺麗な女性に化けたルパーツ星人が警告するんじゃ。

出典:円谷プロ TBS ボスタング

これがボスタングが登場する回のタイトル『宇宙指令M774』

ボスタングは船舶を攻撃するが結局、艦砲射撃で木っ端みじんになってしまう。

この話の意味深なところは友好的と思ったルパーツ星人はすでに地球が気に入って地球人の姿をしてあちこちを歩いている、という言葉で終わるところで、ほんとはこいつらが侵略者なのではと思わせるのが面白い。

ガメラに登場する深海怪獣ジグラも海から現れた怪獣じゃ、故郷のジグラ星が海洋汚染で住めなくなり地球の海を支配するから人類に降伏せよと言って来る。

出典:大映 ガメラ対ジグラ

ガメラも海で生活できるがジグラには手を焼いた。

出典:大映 ガメラ対ジグラ

水中を泳ぐジグラは

スマートでカッコイイが地上で2本足で立つとムリな感じがでてくる、海の怪獣のデザインは難しいと思う。

出典:大映 ガメラ対ジグラ

立つジグラのフィギュア、地上で戦う時にはこんな感じになる。

ウルトラマンに登場した深海怪獣グビラ

ウルトラマンにも超個性的な海の怪獣が登場する、深海怪獣グビラじゃ、あえて深海と付けるのは深い海にはまだ謎があるからこんなのがいても仕方ないとイメージさせる為かもね。

出典:円谷プロ TBS

これは凄い、ドリルが鼻先についてて回転するのじゃ、ここまでくると宇宙人に改造されたサイボーグっぽくなる。

グビラはウルトラマンの第24話「海底科学基地」に登場する。

身長:50メートル

体重:3万5000トン

出身地は海底

ドリルで海底センターのパイプラインとドックを破壊し、同センターの救助に出動した科学特捜隊の前に現れて特殊潜航艇S25号を襲おうとしたときにウルトラマンと戦う。

出典:円谷プロ TBS

ウルトラマンがんばれ、地球上では3分が限界

一角って長い角の動物がいるけど、さすがに回転はしません。

タグが健在、デッドストック状態で痛みは少ない。

白い腹や顔に妙に赤い唇が不気味じゃ。

掌が大きいな、スーツアクターも大変じゃ。

良い角度の画像、魚に手足を着けた感じ。

足のうらにバンダイ、1992年、グビラ、Japanの文字が刻印されている。

ウルトラマンの、八つ裂き光輪をドリルで受け止めて回転させる名場面、なかなかやるじゃないか。

デザインは成田亨でデザインモチーフはモンガラカワハギらしい。

成田氏は魚の怪獣化は難しいことを述べたそうな。

やっぱり見ただけでムリっぽいのが分かるな~。

出典:円谷プロ TBS

今回は海の怪獣を集めました、まだほかにもいるけどまたの機会にします

↓ジジイの励みになりますので、よろしければポチッと押してね。



にほんブログ村

コメント

  1. Helpwithmath より:

    ありがとうございましたhelpwithmath

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。